ヨーロッパ旅行

9. ヨーロッパ帰国途次旅行

米国内の旅行を終えスタンフォードのもとの下宿先で数日を過した後、ニ  ューヨークからロンドンに飛んだ。ヨーロッパ旅行の最初の出発点(拠点)  として米国に最も床里の深い英国を選びそこで短期間だが家庭滞在をし、米  英の家庭の暮らしぶりなどを比較,観察してみたいと思っていた。米英の異  いは、いたるところでの顕著でそれは風景,建物,英語の発音,表現などは  勿論のこと、人の物ごしもアメリカとは正反対のことが多く予想以上に驚い  た。やはり島国と大陸の違いなのだろうか。直感的に、アメリカの滞在が長  かったせいか、私には長く住めそうにもない土地柄だと感じた。ロンドンを  半日ほど見学したのちイングランドの西南端のユーンウォール半島にアポイ  ントメントをとった家庭に向かった。私の滞在したアンゴーブ家は夫婦だけ  の2人暮しでミスター・アンゴーブは大工,ミセス・アンゴーブは高校の教  師で共働きをしている。子供はないので地域や趣味のクラブを通じての友人  づき合いをひんぱんにしながら毎日のんびりとした暮しぶりだった。私の体  験した範囲で米英の家庭の異について述べてみると、まず最初に気がつくこ  とは、生活全般のレベルがやはり米国に比べ一般に低い。またこれは米国に  滞在していた他のオーストラリア人やスイスに聞いたところでも、またその  後私がヨーロッパ大陸各地を廻っても気がついたことだが英国は南ヨーロッ  パをのぞいたどの国よりも生活水準は劣るようであった。食生活も貧しく食  事の量,質とも充分ではない。夕食にかける時間も短く15分間で夕食が終  ってしまうこともあった。建物は都会,地方にかかわらずやはり古いものが  多く一般に内装はせまく質素だが小ぎれいにしている家が多い。アンゴーブ  家は新築であったが小さめで米国の家に比べるとことのほか狭い感じがした。  もちろん日本に比べればめぐまれている部類に入るだろう。米国と共通して  いることは食後とくに予定のないときは居間でテレビを見たりすることで、  映画,歌,クイズ番組などが人気があり、それもニューヨークの下町の話だ  ったので、「英語の感じはだいぶちがうか」と聞くと、「耳なれない表現が  多いがだいたい想像はつくよ」と2人は云っていた。その他夕食後の時間は、  (夕食は早く6時頃とっていた、その割にレストランは開くのが遅く7~8  時だったりする)近所の友人,地域のクラブ(シスターアンゴーブはグライ  ダークラブに入っておりよく乗せてもらった)などの友人たちと親密につき  合いパブに行き、ビールを飲みながら談笑して楽しむことが非常に多く、ほ  とんど私の滞在中毎日パブがたくさんあり、安く手軽にお酒を飲めるところ  でもあり、一種の社交場でもあるようだ。若い人たち向けのパブにはそのと  なりのフロアーがディスコティックになっており真に若者から老人まで楽し  めるようになっている。アメリカ人でアルコール類を大量に飲む人は、私の  周囲には見当たらなかったのだが、イギリス人は一般に酒好きのようで本当  によくパブに飲みに行くのが印象的だった。私の滞在地はコーンウォール半  島のヘルストンだったがこの辺は英語でもコーニッシュ りがある。イギリ  ス最南端のランドエンドのミセス・アンゴーブの両親を訪ねたときは、話が  半分以上は聞きとれなかった。彼らはきっすいのコーニッシュらしくミセス  アンゴーブの通訳でやっと話せるほどだった。アメリカと異いイギリスでは  各地方のお国 りがはげしいようだ。ロンドンでもコックニー りか何か知  らないが聞きなれない英語によくぶつかる。この地方でも、中学校と高校に  訪れ先生や生徒たちといろいろ話す機会を持つことができた。英国の子供も  かわいいのだが、アメリカの子供のようなあっけらかんとした気の良さとい  うものは感じられず、多少はにかみやでプライドが高く、仲よくなるにして  も多少時間がかかる。しかしキャンパスは開放的で施設もよく整っていた。  イギリスでの滞在の後、大きな荷物をこの家に残しバックパック一つの軽装  備で、ヨーロッパ大陸の最初の都パリだけあり、その大きさと華かさはさす  がだと思った。5月の中ばを過ぎたにもかかわらずパリの気温は低く街ゆく  人々もオーバー姿だった。古い都でもあり、見所も多く観光的には非常にお  もしろい街ではあるが、フランスはヨーロッパ各国の中でも英語の通じにく  い国の一つでフランス語一本やりのことが多くそれを解さないものには腹が  立つほど不便である。それにあらゆる面で日本人には不親切なようでデパー  トで物を買うにしてもこちらがフランス語を話さないとわかるとまるで相手  にせず売る気も見せない。パリのアメリカ人も同じような境遇で言葉が通じ  ず四苦八苦している姿を見ると何か彼らに対して連帯感を感じたりする。大  陸内の移動は全て列車を使いスイスに向かった。ヨーロッパは電車が発達し  ており非常に快適で便利である。列車での国境の通過も簡単で各国内ともス  ムーズに移動できる。車窓からながめるフランスの田園風景またスイスのア  ルプスの山々の近くを走るときに見られる風景は変化があり、見るものを飽  きさせない。スイスではアメリカで知り合ったスイス人の家を数ケ所訪ねて  泊めてもらい、アルプスの山に登山電車で行ったり、彼らの町を案内しても  らったりした。アメリカで会った友人たちにまた彼らの国で再会できるのは  何ともなつかしく駅まで出向かえに来てくれたりすると何となく映画のシー  ンを思い出したりする。スイスの生活水準はかなり高く私の泊めてもらった  各友人宅は、どれもアメリカの家に近いぐらいに大きく空き部屋もたくさん  あり余裕をもった生活ぶりだった。またスイスでは外国語教育がさかんで英  語もよく通じ道などをたずねてもきれいなアクセントの英語でおしえてくれ  る。次の目的地ローマには夜遅く着いてしまったが車内で一緒だったアメリ  カ人旅行者(彼は1日$5.00の予算で旅をつづけているといっていた)  に紹介してもらった宿をたずねた。あいにく満員だったが宿の女将は現金な  もので女性部屋が1人空いているがOKかと聞くので同室の人がOKならど  こでも良いと答えるとすでに3人の女性が滞在している部屋に通してくれた。  彼女たちは2人がドイツ人1人がカナダ人でみな旅行者どうしなので気がね  なく共同でやって行くことができたがこんな体験は始めてだった。カナダ人  は大学生で学校を休学して10ケ月も旅をつづけており日本にも寄ったそう  だ。東京と広島の原爆ドームの写真を見せてくれた。ローマはがんじょうな  石作りの古風な建て物が多く道路も石だたみが多く街全体が石で作られてい  るように感じる。日本の木造建築がなつかしくなるくらいだ。道路事情は最  悪で東京よりさらに道が狭い上に車が多く信号機の設置してない交差点もあ  り、道を歩くのに大変気がつかれる。それにドライバーのマナーは悪く車優  先でぼんやり歩いていると本当にひかれそうになる。しかしイタリア人は一  般に気やすく親しみがあるのでロンドン,パリにあるような気むずかしいム  ードがなく大変なじみやすいところだと感じた。
ドイツのミュンヘンに入るとこの国が第2次大戦後、日本と同様にちゃくち  ゃくとみごとな復興をとげているのを肌で感じた。建物も新しいものが多く  街全体も活気があり、人々の生活もより合理的な感じがしとても好感が持て  る。コンセントレイション・きゃんぷ・メモリアルに行く途中郊外も歩いて  みたが小ぎれいな家が美しい緑の木々や芝生の中に見えない美しさだった。  (次ページ写真)
そしてその収容所跡に行くとき、道に迷ってしまい何度もその地域の住民に  「収容所跡に行くにはどういったらよいか」と聞いたのだがおもしろいこと  にみなニコニコして道をおしえてくれる。私は、ユダヤ人大量虐殺のイメー  ジが強すぎていやな顔をされると思ったのだが。その後ビールのおいしさに  なごりをおしんでスカンジナビアの国デンマークとスェーデンを訪れた。こ  れら北欧の国々はどれもその例にもれず生活水準が高いが物価も高いという  状態だった。コペンハーゲンとストックホルムを訪れたが両国ともあまり古  さは感じさせず美しい広告の文句そのものの森と湖の都というイメージだっ  た。その頃日は6月の初めでもありかなり昼が長く11時頃日が沈んて゛も  まだ西(北?の空がうっすらと笑っていた。そして夜中の2~3時頃また太  陽が上って来てしまうのでおどろいてしまった。スェーデンでは白夜を見に  行く旅行者に多く合、彼らからも北極圏行きをさそわれたが旅程の都合で行  けなかったのは残念であった。これから北欧の国ではさらに英語を解する人  が多く旅行には全く支障をきたさない。
以上かけあしでヨーロッパ各地を訪れたわけだがこの短期間では、また米国,  英国とはちがう言葉の問題があり、地元の人たちとの交流は難しく残念だが  単なる旅行者として観光の要素が強くなってしまう。そのかわりこの旅行で  は同じ境遇のアメリカ人,カナダ人,オーストラリア人,メキシコ人,かん  こくじん,日本人などの旅行者と知り合い、多くの興味深い話を電車の中,  ユースホステルなどでかわすことができた。例えばインドの滞在の長かった  アメリカ人は、インドの貧窮にあえいだ悲惨な生活を見てショックを受け、  彼の世界感は大きく変わったという。オートバイでシルクロードを渡って来  た青年,子供の頃からの彼の夢だたそうだ。コペンハーゲン行きの夜行で一  緒だった黒人の女の子。なつかしく私の好きな英語の発音だったので出身を  聞くとやはりニューヨークはブルックリン。ブルックリン子は気のおけない  陽気な人が多く話しているとホッとする。そして一週間くらい後私がトギリ  スに戻る途中パリに寄ると何と駅で声をかけて来たのがこの黒人の女の子だ  った。それにローマで会った日本人にもパリのモンテパルナス駅で偶然再会。  ヨーロッパは旅行者にとって全く狭いと思った。
その他いろいろの出合って別れた旅行者たちが大きな臭覚だったと思う。思  えば1人で旅行していた感覚が全くなくアメリカ旅行と全く異った印象があ  った。その中でやはり英語は国際語であること外国人とより深いコミュニケ  ーションを持とうとしたとき英語を話すことは重要なことだと感じた。

コメント